So-net無料ブログ作成
検索選択
由布院の緑に囲まれた、自宅アトリエで、
セミオーダーの洋服を中心にアレコレチクチクしています。
時々、小さなアトリエ市も開催。
fusson facebook

fusson fabric works & slow living

rough_sewing01.gif

道具 [fusson]

包丁入れ巻.JPG

柿渋染めの包丁入れ。

昨年「名前のない料理店」小島シェフからのご注文を受けて作ったものです。


包丁入れ 開.JPG

ようやく実際に使われているところにご対面できました。

私の元から旅立って数か月、もう既にいい具合に変化していて、

すっかり道具の一部にならせてもらって、

感動しきりです。

時が経つにつれ、使っていくうちに変化を愉しめる柿渋染。

改めてその良さを実感することができました。


2月アトリエ営業日 [fusson]

fusson 2月営業日のお知らせです。


shu-shu.JPG




4日(火) 5日(水) 11日(火) 12日(水) 16日(日) 21日(金) 25日(火) 26日(水)

11:00~16:00


stitch salon 繍集 shu-shu

1回 ¥1500


お好きなものを、お好きな生地を選んで、お好きな時間に製作して頂けます。

生地の持ち込みもOK。

裁縫道具、裁縫本もお使いいただけます。

日替わりのお茶やおやつもご用意しています。

ご自分のお裁縫部屋のように‥音楽を聴いたり、お茶を飲んだり。

リラックスしながら、お裁縫をお楽しみいただけると嬉しいです。


スペースに限りがございますので、ご予約優先とさせて頂きます。

お問い合わせ・ご予約はメールフォームまたはコメント欄、

またはfusson facebookよりお願いします。

場所:由布市湯布院町川南

草木染 ソックス [fusson]

筑後平野の田んぼの只中、

その宝島はありました。


植物の花、茎、根、皮、果実などをはじめ、


泥や炭、茶、珈琲、海藻…etc.


天然の染料を使った、手染めの工場「宝島染工」さん。


工場と呼ぶにも機械類はほとんどなく、


丁寧な手仕事で染め上げられています。



今回、泥と藍の先染め糸で織られた5本指ソックスを入荷しました。


__ 2.JPG


綿の糸に宿った色は、鮮やかさの中に落ち着きがあり


織り上げられて更に深みを増しています。


自然な色合いの曖昧なボーダーは控えめで、


履く人を選ばずスッと馴染んでくれそうです。



履き口のゴムは幅広く、土踏まづは程よく締り、


心地よく足にフィットします。


柔らかく織り上げられているので肌触りも滑らかです。


毎日履きたい。とっておきの1足になりそうなソックスです。

2014 [fusson]



午3.JPG


遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

今朝の由布院はかなりの冷え込みでした。

我が家の温度計は-5℃!

あまりの寒さについ確認してしまいましたが、見ない方が良いですね。


年末年始、皆様どのように過ごされましたか?

私は近年稀にみるゆったりとした時間、というよりは

空白の時間を過ごしてしまいました。

(しゃがみ込んだまま、気が付けば数時間…とか)

たまにはそんな時間も必要なような、でも損したような。




気を取り直して、本日は少し遅い仕事初めです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします


~今月のアトリエ営業日~

7(火)・8(水)・12(日)・14(火)・15(水)・21(火)・22(水)・28(火)・29(水)



カンタ刺繍 [fusson]

インド東部ベンガル地方、北西部ラジャスタン地方とパキスタン国境近くのシンド地方の伝統刺し子布。

 カンタは、「刺す」という意味で、カンタ刺繍は、

古くなった木綿のサリーや腰布などを数枚あわせ、

キルトや刺し子のように刺繍をほどこしています。

カンタ端.JPG

 

外出や自らを表現することを制限された生活の中で、

女たちは古い布やサリーから抜き取った古い糸を使って、刺繍を始めたといわれています。

繊細な刺繍、手仕事ならではのぬくもりを感じます。

カンタ生地.JPG

1点物のヴィンテージやシルクのスカーフ

12月1日より年内いっぱいfussonにて展示販売しています。


ヴィンテージカンタは約130cm×200cm。

幾重にも重なっているので敷物やカバーにすると

お部屋のアクセントにも一役買ってくれそうです。

カンタスカーフ.JPG

ストールにも全面に刺し子が施されています。

シルクなので冬は暖かく、春は軽やかに。

大きなサイズで使い道も広がりますね。


カンタクッション.JPG


ヴィンテージカンタを使って、クッションバッグを作ってみました。

生地の表裏で色や柄が違うので組み合わせを考えるのも愉しく。

色が暗くなりがちな冬を明るくさせてくれます。



年内の営業は22(日)・23(祝)・27(金)となります。

残り少なくなりましたが、是非手に取りその風合いを感じに来てください。

暖かいモノ [fusson]

12月、由布院は寒さも本格的になってきて、氷点下になる朝もちらほら。

毎日首から足先まで暖かアイテムが手放せません。

寒さのせいか、季節先取りのモノよりも今ほしいフカフカ、モコモコしたモノを作ってしまいます。

木.JPG


そんなわけで、fussonの暖かいモノをご紹介します。

ラップボア.JPG

昨年から冬の人気物。あったかエプロン

裏地がボアになっています。

家事の時はもちろん、お買い物の時もアウトドアの時も。

1度使うと手放せなくなってしまうのです。


インディゴパンツレディース.JPG

こちらはインディゴ染のパンツ。

チラッと柄と前面柄バージョン。

一見ふつうのインディゴ染めの生地ですが、やっぱりこれも中は起毛になっています。


花柄アップ.JPG

花柄部分は天空丸オリジナル生地を使って。

ウエストはゴム仕様なのでゆったりリラックスな履き心地です。



圧縮ウールのワンピース

コートなどのアウターに使われるフェルトのような素材

保温性も高く暖かいうえに、着こなしも簡単な優れものです。

ウールワンピ.JPG





先日、ラップバリエ姿でアトリエに来て下さり、可愛かったので!

ビエララップ.JPG



これからが冬本番。あったかアイテムでのりきりましょう。

吊裏毛のスウェット [fusson]

スウェット2.jpeg

この吊裏毛のスウェット生地、天空丸さんに分けて頂いたものです。

吊編み機で丁寧にゆっくりと時間をかけて編み上げられているため、

ふんわりと柔らかく、暖かみがあります。

吊編み機を扱える熟練の職人さんは日本に数名しかいないとか。


そんな貴重な生地でプルオーバーを作りました。

限定3着のみ。

天空丸の洋服用に柄が編み込まれていたので、

fussonでは3着とも柄の出方を変えてみました。

そして、裏側のブルーの色・手触り、

古い毛布のようで愛おしすぎます。

スウェット1.JPG

心地よさを肌で感じて欲しいので、大きめのタートルネックに。

手放したくないほどの心地よさなのです。




fusson 初日 [fusson]

まだまだやる事は沢山ありますが、

なんとか形にはなり、初日を迎えることが出来ました。

足をお運びくださった方々、ご協力頂いてる方々、

遠くで見守ってくれてる方々、ありがとうございます。



こちらでのお知らせが遅くなってしまいました。

12月のアトリエ営業日は

1.3.4.10.11.17.18.22.27日を予定してます。


今週の繍集のオヤツははったい粉のクッキーです。

クルミとチョコが入ってて香ばしくて美味しいですよ。

今までのように繍集の為に作ってもらいました。

クッキー.JPG


繍集でお裁縫でも、アトリエの見学だけでも、

ぜひ遊びにいらして下さい。



「天空丸」の布 [fusson]

この度fussonで「天空丸」さんの布地を扱わせていただくことに なりました。

染や織、手仕事にこだわった素材と、ベーシックで気の利いたデザインがお馴染のブランド

「TIGRE BROCANTE」を1998年にスタートさせたアパレルメーカー「天空丸」。

福岡をベースに、国内のみならず海外でもその独自の世界に惹かれるファンが増えています。



古きよき日本を見つめ、織機から生まれる生地の風合い。


藍や草木染などの温かさ。に、こだわり集められた布達。


そんな布達がfussonの布モノ作りにもアクセントを効かせてくれています。


そして大分ではここだけの生地の切り売りもいたします。





カンタ1.JPG



「カンタ」と呼ばれるインドの刺し子の1点物のヴィンテージやシルクのスカーフ

12月1日より年内に限りfussonにて展示販売しています。


身に纏うだけでなくインテリアとしても暮らしのスパイスになりうるのが布の魅力。

是非手に取ってその風合いを感じ、貴方だけの1枚に出会ってください。




12月1日 Re start ! [fusson]

ほんの少し前に秋を感じ始めたと思ったら、

ここ数日は冷え込んで、朝は霜が降り、町が朝霧に包まれたり、ゆふいんはもう冬の到来ですね。




さて、fussonのアトリエオープン、12月1日より始めます。


服.JPG


アトリエでは、fussonの洋服や小物などの

布ものの展示や販売。

布地や裁縫小物などもお求めいただけます。

ニット (113x150).jpg
ボタン (113x150).jpg
反物 (150x113).jpg




そしてアトリエスペースでのステッチサロン 繍集。

繍集もしばらくお休みしてしまいましたが、ようやく再開します。


アトリエ.JPG



営業時間
火・水曜日 11:00~16:00
月1回の日曜日(不定) 11:00~16:00
都合により日程を変更する場合もございます。

日程などの詳細はこちらのブログとfacebookでお知らせいたします。



繍集のシステムも今までのスタイルから変わります。

1回 ¥1500

営業時間中のお好きな時間にお好きなものをお作りください。

生地はお買い求め頂いても、持ち込みでも。

裁縫道具や裁縫本などもご用意しています。

お茶でも飲みながら、ゆっくりとお裁縫をしませんか?


ソファ.JPG




時々、イベントなども行おうとアレコレ計画していますのでお楽しみに。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。