So-net無料ブログ作成
由布院の緑に囲まれた、自宅アトリエで、
セミオーダーの洋服を中心にアレコレチクチクしています。
時々、小さなアトリエ市も開催。
fusson facebook

fusson fabric works & slow living

rough_sewing01.gif

ワッ! wha・・・tt! [イベント]

11月にnicoドーナツさんとの共同イベント「ワッ!wha・・・tt!」を開催します。

この夏フッソンの庭で「ゆふいん蚤の市」を開いた時の立ち話で、

nicoさんが10周年でキタムラノリチカさんの展示イベントを11月にすると・・・

そして、fusson→nico→キタムラノリチカ→SMALL CIRCLE OF FRIENDS→fusson→nico

と小さな輪が繋がっていきました。

2店が協力して、ファンシーフリーな愉しいをお届けします。


スモサフライヤー.png


nicoドーナツでは11月中、「2014 球根展 / NRCK BASE」

キタムラノリチカさん三昧です。



フッソンでは、スモサ「SMALL CIRCLE OF FRIENDS」のライブ、

「LOVELY DAY ! EPリリースツアー 湯布院のお庭でスモサの75」決行です。

11 / 9(日) 17:00開場 17:30開演 ライブチャージ¥3000(当日発券未定)
少しずつご予約入っていますのでお急ぎ下さい。
駐車場は臨時で12台分ご用意しますので、
ご予約の際にお車の方はお申し出ください。
ご予約・お問い合わせ fusson12@silk.plala.or.jp


夕暮れから満月へと移ろう明るい夜空の下で、

スモサの紡ぎ出す魔法の音に浸ってください。





そして、音以外のスモサのもう1つの顔が、

ムトウサツキさんがディレクター&デザイナーを務める「75clothes 」。

手の温もりが伝わる、何気なくカッコイイ、カワイイものが満載です。

旅する洋服屋ditiがセレクトしたトランクショーもやって来ます。


「小さなアトリエ市 75clothes+diti」は、

11 / 8(土)と10(月)~16(日)までです。

9日はライブ入場者のみご覧いただけます。

サツキさんとお話しもできるかも。


satsuki_75.jpg





「LOVELY DAY」 S.C.O.F [日常のこと]

ジャンルレスに好きな時に好きな音を楽しむ。

この秋は我が家のまわり、ここ湯布院でも

様々な音の楽しみがあって、ワクワクしています。


娘が子どもスタッフで参加した「ゆふいんこども音楽祭」や、

ドイツから「HAUSCHKA」のプリペアードピアノ、

湯布院でも何度かライブを拝見した「アン・サリー」「nabowa」・・・


そして楽しみにしていた「Small circle of friends」の新譜、

「暮らしの手帖~LOVELY DAY : EP」が遂にリリースされました。


lovely day ep.jpg


8月に予定されていたリリースが遅れ、キリンのように首を長くして待っていました。

S.C.O.F→スモサが紡ぎ出す音世界は、

ヒップホップやオルタナティブにジャンル分けされることがありますが、

フッソンにとっては車の中や、デッキに腰かけてだったり、

いつもの時間を気分よくさせてくれる、純粋な魔法の音。


行き届いたリズムトラックに乗せて、

街中の自然、日常のテンポ、フッと湧き上がる感情が交錯します。


山あり谷あり、一喜一憂の美しき愛しき日々。

LOVELY DAY!!



Lovelyday_ep.jpg


そして、スモサのお2人、アズマさんとサツキさんが11月に湯布院に来てくれます。

nicoドーナツさんとの共同イベント「ワッ! wha・・・tt !」での登場。

11 / 9 夕暮れからフッソンの庭でスモサ湯布院初ライブ!

サツキさんの服「75clothes」も一緒にやってきます。


イベント情報も随時更新していきますので、お楽しみに。

天・地・人~3つの贈り物~ [名前のない料理店]

スーパー台風19号が近づき風も雨も強くなってきました。

今週末の「名前のない料理店」

予定していた食材も、この台風で変えざるをえない状況です。

小島シェフの住んでいる、沖縄では最大風速58mの暴風だったようで、

沖縄の漁師の一平さんも漁に出るのは難しそうです。

小島シェフも彼方此方、畑など見回りに出ていかれてたそう。


由布院周辺からは、前回ワカサギを用意してくれた平尾さんが鰻を。

夏の土用鰻のイメージがありますが、秋の天然鰻は厳しい冬を控え、

栄養を蓄えていてとても美味しいのだとか。

絶滅危惧種の種を絶やさず、大事にいただきたいですね。


庄内、竹林さんの畑でも葉物野菜が順調に育っており、

今週は出荷を控えています。

その野菜も分けてもらう予定ですが、この雨風の影響が心配です。


そして恒松さんの自然に近い形で作られている梨。

小島シェフも梨を使ったメニューのイメージが膨らんでいるようです。

こちらは台風前に少しもいでもらっているようなのでちょっと安堵ですが、

大切に育てられた野菜や果実、被害が最小限で済みますように。


ローズマリー.JPG


昨日猟師の広畑さんから猟解禁直後の、今シーズン初の鹿肉が到着。

届いた箱の中に詰まったローズマリーに広畑さんの心遣いを感じました。

この状況の中、事前には予定していなかった食材の入荷万歳!

広畑さんからはとても楽しみな天然のキノコも採ってもらっています。


天・地・人 ~3つの贈り物~は悪条件の中でも

小島シェフの手にかかり、より輝きそうです。


17日 オーベルジュ櫟屋でのフルコース。
あと少しだけお席に余裕があります。
お早目にご予約ください。
ご予約・お問い合わせはこちらから。
またはこのブログのコメント欄よりお願いします。


後援 : ゆふいんラヂオ局


「小公子」  [名前のない料理店]

オキナワ、ツブツブの最後を飾る「名前のない料理店」

~3つの贈り物、神無月ランデヴー~

オーベルジュ櫟屋でのコース料理の中で、

料理に合わせてグラスサービスするセレクトワインをご紹介します。


隣町にある安心院葡萄酒工房さんのご協力で、

希少な2011ヴィンテージの赤ワイン「小公子」をご用意します。

「小公子」は山ブドウ系の交配種。

スモーキーで独特な香りと、糖度や酸度が高く、

山川の幸と相性良いのが特徴だそう。

山ブドウ系なので実が小さく、ワインも大量生産が中々できないそうで。

2011年は僅か300本しか生産されておらず、限られた販路での販売でしたが、

工房に少しだけ残っていたものを、今回分けてもらうことが出来ました。



2012年ヴィンテージが何とか900本。

昨年と今年は天候不良であまり期待できないという、貴重なワインです。

小公子.JPG


小島シェフのメニューの、どの食材に合わせられるのか、

今回の食事会の楽しみのひとつですね。


小公子以外にも、毎回人気のボアソニエ加計氏が

自然派ワインを持って駆け付けます。

こちらも楽しみにお待ちください。



10/17(fri) 18:30~ オーベルジュ櫟屋にて お1人様¥8000

あと少しだけお席に余裕があります。

3日前までの受付となりますので、お早目にご予約ください。

ご予約・お問い合わせはこちらから。

またはこのブログのコメント欄よりお願いします。



後援 : ゆふいんラヂオ局

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。